Hits.7 FITAラウンドは どこへ行く
2014.2.9


 すみません、1月飛ばして、2月になっちゃいました。(^^;) 大雪ですね。
(文字ばかりなので、雪の写真入れました)
 県内のインドア大会は残りひと試合で、アウトドアシーズンに向けての練習もぼちぼち始まろうかという時期です。
 が、どうやら来年度から試合形式が大幅に変わるようです。県内ではほとんどが70mラウンドになるようで。理由は国際大会の予選ラウンドがFITAラウンドから70mラウンドに変更されるから・・・。  トップの大会が変更するって事は、それにならって国内大会やローカル大会も変わるという事で。
(FITAラウンド:男性90・70・50・30m、女性70・60・50・30mを各36射、計144射の試合。70mラウンド:男女ともに70m72射の試合)
物好きな人達
一面雪でも、かけば射てる。疲れたけど。
 やっぱりオリンピックが70mになっちゃったのが、一番の理由なんでしょーね。試合進行短縮や、テレビ映りや、観客への分かりやすさのために男女とも70mにした。この、一番世間の注目をあびる試合が70mっていうのが、他の試合に与える影響は大きいわけで。
 アーチェリーワールドカップもリカーブは70m(コンパウンドは50mになった。「リカーブよりも当たるのに、なぜ50? 同じ70mでいいじゃん」とCPの人に聞いたら、70mは的が大きいから楽で当てまくりだって。50mの方が難しいそうな)。
 それに対して世界ターゲット選手権はFITAラウンドの予選だったのが、今後は70mラウンドになるそうで。
 まあ、オリンピックでメダルを獲得しようと思えば、ひたすら70mを練習するよね。でも他の国際大会がFITAラウンドを採用してるから、各距離も練習しなければならない。これは非効率?って事なんだろうか。
 日本はオリンピックを見据えて、国体も、インターハイも70mラウンドになっている。これで全日本ターゲット選手権も70mになるのかな? 関東ターゲットは次から70mになるって聞いたけど。
奇特な人
雪かきのためだけに来た偉人。

 70mラウンドが存在しなかった頃、国体は50・30m、各36射、計72射の試合でした。 FITAラウンドのショートハーフですね。
 マイナーなスポーツですから、アーチェリー始めるのって日本じゃ、せいぜい高校生から、あるいは大学生からって人もいます(私は社会人からですけど)。
 高校生だと実質2年半しか部活動の期間しか無いわけで、その間に成果を上げようと思ったら、びっちり部活漬けですよね。だから50・30mの試合形式は、ちょうど良かったのかもしれません。
 もちろん、日本の狭い射場事情も大きく影響していたとも思いますが、これが長く続いてました。
 が、国際的な競技力向上を考えたのか、一時期FITAラウンドに変更された事がありました。 3年くらいあったかな? その後70mラウンドに変更されます。オリンピックにならえって事で。
 今でも、ローカルの大会だと50・30mの試合はあります。宇都宮の月例会もそうですしね。FITAラウンドの練習の一部としてとらえる事が出来ますから。
 以下、ちょっと書き出してみました。

FITAラウンド(フィタ ラウンド)
70mラウンド

 男性の場合が特に影響が大きいですね。90mを射つか、射たないか。リムのポンド選択にも関わりますし。
 女性はもともと最長距離は70mなので変わりませんが、他の距離が無くなるって、ちょっと寂しい。「ちょっと射形変えてみたから、今日は30mにしよう」と思っても、それは規定距離の練習では無く、ただの練習で、近射と変わらない。144射、射たなくてすむから、楽といえば楽ですけど・・・。

 FITAラウンドの成績を元にした、ターゲットスターバッジも、70m用が出来るそうです。
 FITAラウンドは名前だけの存在になってしまうんでしょうか? なんか、複雑な気持ちです。



近況:息子、1月のインドアでは 自己新更新ならず。
次こそがんばってくれ。 にしても、もう学年末テスト。
も少し、勉学にも励んで欲しいわ。