Hits.24 アウトサイダーの道
2016.4.23


 年度が変わりました。学生なら新学期。新入学の人は部活動とか決めましたか? マイナースポーツのアーチェリー、アーチェリー部がある学校は少ないです。
 中学校でそれがあるのは、かなり稀(まれ)。そもそも学校単位で動くスポーツ競技を統括している(公財)日本中学校体育連盟に、アーチェリーは加盟してませんから。扱いは「参考競技」です。
 高校や大学になると「それなりに」あります。「それなり」ですから、特に通学範囲が狭い高校生の場合、自分の地域内にあるかというと、そうでもないわけで。
 無いなら、創ろう! よし、新たにアーチェリー部を創るぞっ!って、まったくもって楽じゃありません。
 運動部で、しかも高価な道具を使うアーチェリー、射場だって広いスペース必要だし。やりたい生徒を集めて、協力してくれる先生に顧問をお願いして、それでもすぐには部にはしてもらえません。
 栃木県内の県立高校だと、同好会を作って、3年活動すると部として認められるのが多いそうです。でも高校によって違い、5年経たないとダメって所もあるそうな。5年じゃ、設立時の生徒、残ってないじゃん!(アーチェリー部創設の時に聞いた話なので、文化部も同様かは不明)
 基本、積極的に動いてくれる先生が顧問でないと、どうにもなりません。アーチェリーゆえの安全確保とか、射場をどうするかとか、大人が動いてくれないと話にならないからです。
 逆の立場で、先生がアーチェリー部を創る事があります。もちろんその先生は長くアーチェリーに関わってきた人で。公立高校の場合、異動によって学校が変わります。顧問教諭が異動すると、そのアーチェリー部が消える(廃部)になるっていうのは、今までいくつか見ました。結局、学校側は「指導者がいないから」という理由で、危なそうなアーチェリー部は潰しちゃえって事で。
 生徒に勉強しろと言うわりには、先生も勉強して新しい事を始めるのは、まあ時間の無駄なんでしょうね。部活動は労多くて、手当も少ないし、アーチェリーじゃたいして学校の名前も宣伝できないし。
 異動しちゃった顧問教諭は、その異動先でアーチェリー部を設立するために奮闘するんですけどね。あくなき情熱だわ。

 さて高校野球部が甲子園を目指すように、高校運動部なら目指すのはインターハイですよね。高校にアーチェリー部が無いけど、インターハイに出てみたい!って人、それは可能です。
 私の息子は、小さい頃からアーチェリーしてますが(AMAZONEの息子、キャデット・ボーイ参照)、高校生になった時も当然のように学校にアーチェリー部は存在しません。だいたい宇都宮市内にアーチェリー部のある学校、無いし。
 しかし希望するなら、部活が無くても(公財)全国高等学校体育連盟(略称:高体連)アーチェリー専門部に個人登録は可能です。個人登録でインターハイを目指す! 出られます、他を圧倒できる点数さえ出せば(^ ^)
 けれど色々面倒です、手続きが。
試合用シャツと会報

1. これからアーチェリーを始めたい人は、まず地域のアーチェリー団体に登録・所属して、活動を始めてください。
 そして、その上で高体連に個人登録したいむね、相談して下さい。地域別に高体連の窓口(都道府県の高体連:アーチェリー専門部)がありますから、そこを通して話を進めます。

2. 所属する高校が校外活動を認めてくれる事。
 高体連への登録は、個人であっても学校長の承認が必要。そして顧問も付けなくてはいけません。だいたい担任教諭が顧問になるようです。
 ただ、学校によっては「基本、認めない」高校もあるそうです(面倒だからでしょう)。  この場合は、インターハイあきらめて下さい。高体連主催ではない、国体を目指して下さい。そして国体出場できたら、校長の前で「あーあ、インターハイも出たかったなー」と嫌味を言って下さい(笑)
 公立よりも、私立の方が、校外活動には寛容なようです。公立だと、生徒側から話を振らないと何も始まりませんが、私立は入学時に「校外活動をする人は申し出て」と担任から話が出たそうです。
 仕事を増やしたくない公立と、学校の宣伝になるならドンドンやってよの私立の、立場の違いでしょうか。

3. 通常の部活動と違って保護者も色々動かないといけません。
 当然、1. にしろ2. にしろ、相談や話し合いは保護者が申し込んで話をしなきゃいけませんし。
 学校には「今まで、こんな活動をしてきてます。それで今後は、このアーチェリー場で練習し、指導者は誰で、年間試合予定は、これこれです」みたいに。
 地元の試合の場合は、当然送迎も必要でしょうし、遠征の時だって引率教諭とは現地集合かもしれません。

4. もちろん、試合に出る時は前もって学校に申請して、書類に学校長のハンコが必要になります。まあ高体連主催の試合って、そんなに多くないけど。

5. 近県への遠征費用とか、あまり期待できないでしょう。自腹を切る覚悟を。インターハイに出場なら、少しは出るかも?

6. 部活なら「ユニフォームは、これです。値段は・・・」と知らされてお金を払うだけですが、個人の場合は自分でやらなきゃいけません。
 規定のユニフォーム(名入れ)はスポーツ用品店に衣料持ち込みで、できます。また全ア連と高体連の服装規定は違います。高体連の方が、より厳格です(ズボンに別色のラインが入ったからって、何の問題があるんだろう。それで点数上がるわけじゃなし)。

 ざっと書いてみましたが、個人活動はこんな風に色々と大変です。基本的に、保護者の協力無しでは無理です。面倒だけど、やってみたい!と思う人は、保護者の方に「お願いがあるんだけど」と切り出してくださいね。
 息子は個人登録でしたが、やっぱり仲間がいないのが寂しかったみたいです。「アーチェリー部があれば良かったなー」とは言ってました。試合の時、他の生徒は皆、学校単位で集まっているので、疎外感を感じるのかもしれません。
 息子的には「アーチェリーは趣味」なので、ワイワイやる仲間が欲しかったのでしょう。 アーチェリー大好きなんだ、一人でもやるぞー!って人なら、アウトサイダーとして孤高に生きてみてね。

 あ、でも高体連の個人登録する生徒って、ものすごく稀です。息子が2年生の時に「(公財)全国高等学校体育連盟アーチェリー専門部 会報」をもらったんですが、日本中のアーチェリー専門部に所属する学校の掲載がありました。
 なんだ、こんな便利な物があったんだ。このウェブサイトでもリンク集に高校アーチェリー部を掲載するのに、私は日本中の学校のウェブサイト、全部見て調べたんですけど。
 漏れが無いかチェックしてみると・・その時点で個人登録してるの、息子だけでした。
 まあ、そのくらい他生徒は部活動でしか登録が無いって事ですね。個人で活動してても高体連には登録しない選手も多いのではないかな。

 大学生・短大生・高等専門学校生(4年生〜)に関しては、全日本学生アーチェリー連盟があります。登録は下部組織の地域別の学生アーチェリー連盟に加盟する事です。
 これも学校単位ですが、個人登録もあります。ただ大学の場合はリーグ戦が中心のようなので、個人だとあまり活躍できないかも。
 まあ高校生とは違って、がんがんバイトすればお金もかせげるし、未成年でもある程度の自由はありますから、自力で頑張って下さい。



近況:大学生になった息子は、自宅通学。
毎日、大学までが遠いと疲れてます。
体力、無いぞー。
がんばって自転車、こげや。